様子

とうとう、参議院選挙青森県選挙区の、小田切さとる野党統一候補の闘いも、最終日を迎えました。
最終日は、午後3時より、青森市では最後の、街頭演説を、イトーヨーカドー青森店前で行いました。
その時の模様を、動画に収めましたので、ぜひご覧ください。
また、小田切候補の、青森市での最後の訴えを、反訳致しましたので、そちらもぜひご覧ください。
なお反訳は、この投稿の一番下にございます。

小田切さとる野党統一候補、青森での最後の訴え! in イトーヨーカドー青森店前 選挙戦最終日(動画)

舛田世喜男 前衆議院議員の応援演説!in イトーヨーカドー青森店前 選挙戦最終日(動画)

立憲民主党 青森県連合 山内崇 代表の応援演説!in イトーヨーカドー青森店前 選挙戦最終日(動画)

青森市の皆さん、こんにちは。

小田切さとるです。

私は、浦町中学校、青森高校を出て、弁護士になりました。

これまで28年間、青森県内で、弁護士として活動してきました。

その間、社会的・経済的に弱い立場の方、そういう方々の案件を数多く手がけてきました。

びとつひとつの事件について、どうやって解決するか。それぞれの当事者の方と、話し合い、相談しながら、解決の道を模索した、こういう活動をしてきました。

その活動の中で、それぞれの当事者の方から、悩み、苦しさ、悲しさ、そういうことにじかに触れてきました。

当事者の方の辛さ、苦しさ、悲しさ、それに触れてきたことが、私にとって、弁護士としての原点です。

私は、青森市民の皆さんのお力で、国政に送っていただいた後も、決してこの原点は忘れません。

雲の上から、下を見下ろして、天下国家を論じるのではなく、常に地べたの上に立って、地べたの上から、それぞれの政策によって、一番影響を受ける、そういう人の立場に立って、その政策が、良い政策なのか悪い政策なのか。こういうことを判断していきます。

消費税の問題については、私は、消費税を納める人、一般の消費者、一般の国民、こういう人の立場に立ちます。

10月に予定されている消費税増税。それはあまりにも一般の国民にとって、負担が重すぎます。

今の時期に、消費税増税を行うことは、私は考えられないと思います、

年金の問題については、私は、年金を受給して、生活している人たち。あるいは、これから年金を受給して、生活していく人たち。

そういう人たちの立場に立ちます。

もし、今の制度で、年金だけでは生活していけないのであれば、それは、今の制度が間違っているということです。

年を取って働けなくなった人に、老後の生活を保障する。

安心して老後を送ることができるように、保証する。

それが年金の目的です。

その目的に合っていないような制度であれば、それは制度自体が間違っているのです。

私は、その精度も、改革を目指していきます。

子どもの教育を受ける権利。それが問題になるのであれば、私は、子ども自身の立場に立ちます。

親の社会的地位。親の経済的条件。こういう物に関わりなく、子どもがみずから、より高い教育を望むのであれば、その子どもの意思は、尊重されなければいけません。

それが、憲法の要求するところです。

私は、できるだけ子どもが、経済的な負担なく、高等教育を受け、みずからを実現することができる、そういう政策を目指します。

憲法9条の改悪が問題になるのであれば、私は、日本の安全保障とか、そういう政策を論じる前に、実際にどういう人たちが、戦場に送られるのか、その戦場に送られる人の身になって考えます。

その人の立場に立って考えます。

はたして、戦場に行って、血を流す、あるいは血を流させる、そういう必要性があるのかどうか。これを真剣に考慮いたします。

私、小田切さとるは、皆さまのお力で、国会に送っていただけたら、このような観点から、すべての政策をチェックします。

チェックして、皆さまの、お役に立てるように、頑張ることを、ここにお約束申し上げます。

私、小田切さとるは、この28年間、政治に携わった経験はありません。

その私が、今回、立候補を決意したのは、今の日本の社会が間違っている、こういう風に考えているからです。

弱肉強食の社会。これが今の日本です。

強い者はより強く、弱い者はより弱くなる社会。

豊かな物はより豊かに。貧しい者はより貧しくなる社会。

弱い人、貧しい人、あるいはその子どもたち、その人たちは、いくら努力しても報われない。

それが今の社会です。

私は、この間違った社会を、もっと公平な、もっと公正な、そういう社会に変えたいと、考えて立候補しました。

そしてその願いを叶えるために、今、この選挙戦を、闘っています。

この選挙戦を闘ってきました。

皆さん。ぜひ、私と一緒に、闘ってください。

残りわずかの選挙戦ですが、私は、最後の最後まで、力を尽くして、闘いぬきます。

ぜひ皆さまも、私と一緒に闘ってください。

私は、いつも皆さんと一緒にいます。

ぜひ、皆さまのお力を貸してください。

小田切さとるです。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

様子

日本共産党 吉俣洋 県議会議員 政党カーにて比例代表投票呼びかけ街頭演説 in イトーヨーカドー青森店前7月20日

(演説途中から)(一部判読不能な部分があります)
社会保障の提案。減らない年金の話。国保税も高すぎます。これを引き下げられるように頑張ります。

暮らしに希望が見える日本を作るため、消費税増税に頼らない道を、日本共産党と共に、作っていきましょう。

原発も大争点です。原発0。日本共産党は頑張ります。

大体、福島の事故のあと、ほとんど原発は動いていません。

原発がなくても世の中は回ります。答えははっきりしています。

原発0の決断。迫っていこうではありませんか。

皆さん、安倍首相は、野党が、改憲の議論に乗ってこないと、あちこちで言っています。

しかし、私に言わせれば、議論から逃げているのは野党ではありません。安倍首相そのものです。

予算委員会開こうじゃないか、開くべきだと、野党がいくら求めても、予算委員会から3か月逃げ回ったのが、安倍首相です。

予算委員会から逃げ回る総理大臣なんて、初めてみました。

これほど安倍首相は、議論ができなくなっているんです。

憲法の議論するというのなら、やろうじゃありませんか。

日本共産党は、憲法、暮らし、命という提案でやっています。

予算委員会で、国会で、どうどうとやればいいのに、そこから逃げ回っている安倍首相は、選挙になれば、野党が逃げているなどと言って歩く。

これ自体が、首相の資格を失っていると、言わざるを得ません。

年金でこれだけ、不安が広がっている時に、青森の自民党の候補者は、現職なのに、年金問題を語れないんです。

この一言で見ても、青森の自民党の現職に、暮らしの願いを託す資格はなし。

安倍首相は、憲法9条を変えたいと、いろいろ理屈をつけていますが、みずからの中で率直にわかっているのは、憲法9条があるから、自衛隊は、日米同盟は、血の同盟にならない。

血の同盟にするために憲法9条を変えるんだと、みずからも本の中でおっしゃっている。

アメリカのために、日本の自衛隊を、海外に(つよめさせる)

安倍改憲の正体はここにあります。

絶対に許すわけにはいきません。

憲法9条を守り抜く。日本共産党を大きくしてください。

皆さん。減らない年金。日本共産党を伸ばして実現しようではありませんか。

消費税増税をストップし、お金が有り余っている人たちに、応分の負担をしてもらうことで、消費税増税に頼らない道を切り開こうじゃありませんか。

そして、憲法9条を守り抜いて、日米同盟を血の同盟にはさせない。

そのために日本共産党を、勝たせてください。伸ばしてください。

政治を変える希望は、市民と野党の共闘にあります。

小田切さとるさん。大奮闘で、あと一歩に迫ってきました。

この選挙、野党の勝利で、政治の大きな流れを、変えていきましょう。

青森選挙区で奮闘する、小田切さとるさんの勝利を目指し、日本共産党は、最後の最後まで、頑張りぬきます。

そして、もう一回投票を行います。

比例代表選挙。政党名を選ぶ、比例代表は、日本共産党と書いてください。

戦争のない日本を作る。

命を懸けて貫いた歴史を持つ、この党が伸びれば、日米同盟を血の同盟にしようとする、安倍内閣の野望を打ち破ることが可能です。

減り続ける年金を、平然と放置する、政治を変える力で。

比例代表は日本共産党です。

皆さんへの、ご支援を心からお誓い申し上げ、この場所での訴えとさせていただきます。

大激戦です。何卒お力添えください。

心からお願い申し上げます。

お騒がせしました。

ありがとうございました。

様子

連合青森 内村隆志 会長の応援演説!(動画)

津軽から国会議員を!

舛田喜世男 前衆議院議員の応援演説!(動画)

参議院選挙の争点は3つ!
誠実性!アベノミクスの恩恵はなし!野党の躍進を!

市民連合あおもり 神田健策 共同代表の応援演説!(動画)

4年前の戦争法強行採決に相手候補が手を貸した。小田切候補はその時一市民として反対していた。
憲法改正させないためには、与党に3分の2を取らせないこと。

社民党青森県連 三上武志 代表の応援演説!(動画)

何も語らないのは安倍首相。都合の悪いことには蓋をして、野党を攻撃するだけ。
自衛隊員や家族を守るためにも、憲法は変えてはいけない。

日本共産党青森県委員会 斎藤美緒 書記長の応援演説!(動画)

安保法制の強行採決に手を貸したのが相手候補。青森の自衛隊員がまっさきに危険な任務を背負わされて、南スーダンへ派遣させられた。自衛隊員や家族を悲しませてはいけない。
小田切候補ひとりでは政治は変えられない。ひとりひとりの力にかかっている。

国民民主党青森県連副代表 田名部定男 県議会議員の応援演説!(動画)

3年前の参議院選挙は、野党の協力によって勝たせていただいた。選挙は勝たなければならない。国民民主党もそのために総力を結集する。

小田切さとる野党統一候補の街頭演説 in イトーヨーカドー青森店前7月19日

多くの人の苦しみ、悲しみ、悩みを聞いてきた。それが私の弁護井としての原点。国会に行っても、原点を忘れない。
地べた・底辺から政策を見ていく。消費税。年金問題。働き方、賃金の問題。差別の問題。すべてである。
今の日本の社会は間違っている。正しい形、公平・公正な形に変えたい。
私と一緒に闘ってほしい。声をあげてほしい。その先に新しい青森・日本の未来が見えてくる。

立憲民主党 枝野幸男 代表の応援演説!(動画)

3年前の田名部さんの時のように、今回も勝てる。そのために私は再度青森にやってきました。
今の政治に皆さんの暮らしの声は届いていますか?
非正規労働者が第2次安倍政権になって300万人も増えた。
5人に2人が年収200万円以下のワーキングプアと呼ばれる方が1100万人。
年金も上がっておらず、老後の不安が強くなっている。
伝えるチャンスが選挙である。
あなたの声が届いていない政治を続けていいのか。
株価は上がっているのに、豊かさは伝わってこない。むしろ厳しくなっている。
このままだと、地方の暮らしはますます厳しくなっていく。
小田切さとる候補を通じて、あなたの声を国会にとどけませんか?そうすれば、いろいろな物を変えていく余地はある。
高齢者の皆さんが、いざという時でも、そこそこの医療・介護が受けられる、そうなれば、今よりは安心できるのでは?
介護の仕事が充実すれば、若い人たちの収入が増えて、働き場所が増える。
所得に応じて、医療や介護の自己負担に上限をかければよいのでは?
地方を支えているのは第1次産業。
いつも出てくるのは「世界と競争」の話ばかり。
第1次産業には、地域社会を守っている大事な価値がある。
ほとんどの地域の第1次産業は、競争原理によって追い込まれている。
金勘定ではなくて、後継者が出てきてくれるように、安定的な経営ができるような個別所得補償制度を制定させたい。
地に足がついた第1次産業に変えていきたい。
日本に住んでいる皆さんは、本当はもっと豊かさを実感できるはず。
個人消費が伸びていない。貧困や格差が問題である。
輸出は伸びている。
青森では豊さは実感できていないのでは?
それは政治が間違っていいるからである。
精度・法律を変えてしまったから、こんなに非正規労働者が増えた。
この状況を変えることができるのは、苦しい立場の人に寄り添ってきた小田切さとる候補である。
年金の2000万円報告書問題。そのような問題に向き合うのが政治の仕事である。
それをなかったことにした、それが今の政治である。
年金の不安を煽るななどと言っている。
消えた年金問題も過去にあった。追及したらちょっとの数ではなかった。
国会で真実を明らかにさせる、その力を野党に与えてくれた有権者の皆さんの力があったからである。
国会で、何分審議するのかさえ、多数決で決まってしまう。
数の力がなければ、議論する時間さえ充分に与えられない。
国会を開かせなかった。実際に安倍首相はそれをやった。
野党に3分の1を超える議席を与えていただきたい。
そうすれば、おかしな隠し事・ごまかしはゆるさない議論ができる。
今議論をするのは、憲法改悪ではなく、皆さんの暮らしの問題である。
必ず投票に行ってほしい。
周りの皆さんにも声をかけてほしい。
あなたの暮らしに寄り添った、野党統一候補、小田切さとるさんを勝たせていただきたい。
この社会を変える力は、あなたの中にあります。

様子

7月18日夜、青森駅前アウガの300人収容できるホールで行われた小田切さとる候補の集会は、そのホールがほぼ満員になるほどの盛況ぶり。これほどの人が来てくれるとは主催者も思っていなかったらしく、受付時間延長のために開始時間が遅れたほどでした。

集会では、小田切候補を含めた3人の弁士が熱い演説を行いました。

青森市の市議会議員、秋村光男氏は、
「青森県の県民所得の低さが、県民の教育、医療に深刻な悪影響を与えている。
自民党の国会議員では、20年近く続いてきた今の現状を改善できない。
アメリカのご機嫌取りのために、何兆円もする戦闘機を買っている。そのお金があるなら、教育や医療にお金を回せる。
アベノミクスの恩恵も、青森県にはない。
小田切さんしかいないんだということを、意思結集してほしい」
と述べ、小田切候補への支持を呼びかけました。

小田切候補は、
「私の弁護士としての依頼者は、社会的、経済的に弱い立場の個人の依頼者が多い。
その人たちの悩み、苦しみ、悲しさ、それらをじかに聞いてきた。28年間で1万人を超える方々とお話してきた。それが私の中で蓄積されてきた。それが私の弁護士としての原点。
今回立候補を決意したのは、もっと青森県の人たちに、将来の不安のない、安心の生活ができるように、そういう社会にしたい。こういう想いからである。
そこを目指して、政治の世界に足を踏み入れることを決意した。
私は政治の場に行ったとしても、雲の上から下を見て、天下国家を論じるというのはできない。
むしろ、地べたにいて、地面に生活している人たちにとって、この生活はどうなのかという考え方をしていくだろうと思っている。
消費税は一般国民が一番影響を受ける。
その割に、大企業の法人税は低く抑えられている。
消費税を論じる前に、もうひとつの不公平、法人税を下げるべきではないか。
年金の問題については、制度がおかしい。それはもう一度組み直さなければならない。
農業については、これからもやっていきたいという人たちを重視する。それに対して、何がネックになっているのか。おそらく収入が不安定なので、将来の生活設計がたてられないということである。
それに対して、所得の最低保証という形にすれば、後継者不足解消ができるかもしれない。
そのように考えていくと思う。
9条の2項について、アメリカと一緒に軍事行動ができる機会を増やすということだと思うが、実際に戦場に出かけていく人、あるいはその家族、その人たちのことを考える。血を流す必要性があるのか。
自分の考え方のこのような原点をなくしたら、自分の存在理由がなくなってしまう。
今の日本の社会は、間違った社会、弱肉強食になってしまっている。
豊かな人はより豊かに。貧しい者はより貧しく。そのような現状が子どもに引き継がれていく。貧困の連鎖である。こういう社会は間違っていると思う。こんな社会を、もっと公正で公平な社会に変えたい。それが自分の政治を志した理由である。
本気で国会議員になって、今の社会を変えたいと思っている。行動しなければ、いつまでたっても変わらない。第一歩を踏み出したい。その為に、私にぜひ力をかしてほしい」
と、いつもと変わらぬ冷静な口調で、それでいて内心に熱いものを込めた演説を披露しました。

舛田世喜男前衆議院議員は、長妻昭衆議院議員の応援演説のエピソードを取り上げ、
「小田切さんは、地味な本格派。日本一地味な本格派。政治をやる人は、声の大きさ、話が面白い、面白くないではない。いかに本質をついているか。その人にいかに誠実味があるかである。小田切さんと車の中で話したら、予算委員会で一緒にすぐやれる知識があるということがわかった。即戦力である。今度は法廷ではなく、国会で、青森の為に、戦ってもらいたい」
と長妻昭衆議院議員のエピソードを話し、小田切候補の誠実で堅実な人柄をアピールしていました。

最後に、演説をした3人の弁士が固く手を繋いで、超満員の支持者の拍手に答えながら、小田切さとる野党統一候補の勝利を会場と誓い合ったのでした。

秋村光男 青森市議会議員の応援演説!(動画)

小田切さとる 野党統一候補の演説!(動画)

舛田喜世男 前衆議院議員の応援演説!(動画)

バンザイ&盛大な拍手 in 小田切さとる青森集会7月19日(動画)

様子

集まった人の数は、およそ1000人!
7月15日弘前さくらの前には、野党統一候補の小田切さとるさんの演説、そして立憲民主党副代表の蓮舫参議院議員の応援演説を聞き逃すまいと、本当に多くの人々が集まり、街頭は熱気を帯びました!
そして、立憲民主党青森県連の山内崇代表が挨拶をしている最中、颯爽と現れたのは立憲民主党副代表の蓮舫参議院議員。身軽に選挙カーの上に登ると、聴衆から「蓮舫さーん!」と声が上がり、それに「はーい!」とにこやかに答えていました。
次に応援演説を行ったのは、国民民主党、田名部まさよ参議院議員。田名部議員は、
「パフォーマンスの政治はもううんざり。地域の困った人たちの想いをじっと聞いて、どうやって救えばいいのかと、じっくりとそのひとりひとりの課題に向き合ってきたのが小田切さん。弁護士として解決できなかった根本的な国の課題を、今度は政治家として取り組んでほしい」と話し、小田切候補の誠実さをアピールしていました。
その応援演説を受けて、小田切さとる野党統一候補も、いつになくテンション高く、それでいて確かな口調でひとつひとつ、政策を訴えていきました。
そして最後は、立憲民主党副代表、蓮舫参議院議員。
蓮舫議員は、
「今の政権の国の私物化、そして消費税増税、都合の悪いことは改ざん・隠ぺい・なかったことにする、そんな政治を許してはいけない。あまりにも傲慢な政治を止めるのは、やはり選挙の力である。なんとしても小田切候補、そして野党に一票を投じてほしい。
政治に求められるのは、本当の弱い人たち、痛みを伴っている人たちの声を知っている人である。小田切候補は、今まで弁護士として小さな声や、ひとりでどうしていいかわからない人に寄り添ってきた」
と小田切候補の弁護士としての実績を強調。その上で、小田切候補への支援を熱く訴えました。

立憲民主党 青森県連合 山内崇代表 & 蓮舫副代表到着!(動画)

国民民主党 田名部まさよ 参議院議員の応援演説!(動画)

小田切さとる 野党統一候補の街頭演説!7月15日弘前さくらの前(動画)

立憲民主党副代表 蓮舫 参議院議員の応援演説!(動画)