佐原わかこ選対ニュース NO.22

2019年6月17日

佐原わかこ(佐原若子)選対ニュース NO.22 2019年5月30日号をお届けします!
「投票日まであと 3日 やれることは、 全部、やる! 」
「電話、メール、はがき、来訪者・・毎日5~10人 わかこさんへの激励・支持が次々に」
この記事の下には、ダウンロードできるPDFファイルもあります!
見やすいブログ形式の本文もあります。
皆さんぜひお読みください!

佐原わかこ選対ニュースNO22(PDFファイル)ダウンロードはこちら

佐原わかこ選対本部 WAKAKO YES!
NO22 2019.5.30

投票日まであと 3 日
やれることは、 全部、やる!

 

5 月 29日、わかこさんは、再び西北に入りまし た。

五所川原・立佞武多館前では70人、エルムで も40人、つがる市イオン前ではお客や期日前投票 にきた人たちが立ち止まって聞いていました。

告示 直前に出馬表明した新人の知事候補に、こんなにも たくさんの人たちが熱い期待を寄せるほど、地元・ 五所川原、西北地域は盛り上がっています。

 

毎日の出会い

 

5月 28 日、福島みずほさんと行動した最後に、青森市久須志でわかこさんを囲む集会がありま した。

そこに、わかこさんが若い頃、歯の治療をした患者さんが来ていました。

「わかこさん、あ れから 40 年ですよ。がんばってくださいよ」と言われ、思わず、遠い目。名前のとおり、いつま でも若い「若子」さん。

元気いっぱいです。

29日の五所川原市役所を訪問の際、対応した副市長さんは、わかこさんの同級生でした。

 

電話、メール、はがき、来訪者・・毎日5~10人 わかこさんへの激励・支持が次々に

 

事務所はコチョウランやバラ 花かごでいっぱい

 

佐原事務所には、昨日は中鉢のコチョウラン、きょうは花 かごが届きました。

届けてくれたのは、わかこさんの恩師の お母さん、五所川原の美容室からでした。

事務所は、コチョ ウランが大鉢・中鉢が6鉢になり、アジサイやバラの寄せ植 えなど、選挙事務所は花に埋もれています。

 

選挙はがき“なぜ、私に?”電話が15人から・・

 

「佐原さんを知らないのに、どうして選挙はがきがくるの?」~こんな電話が15人から事務所 にきています。

選対では、「佐原さんは4つの野党から応援を受け、選挙はがきを出したいという沢 山の議員や支援者の協力でだしています。

あなたのお知り合いの人が出したと思います」と答えて います。

相手は「誰だろう? もしかしたら・・」と言いながらほとんどの人が「応援します」とい てってくれます。

中には「升田世喜男さんかな?」とか、 「〇〇議員の字みたいだ」と、本人に電話している人も いました。

 

政見放送で「決めた」と大好評

 

三村さんはよく頑張っていると家族に話していた人が、 佐原さんの政見放送を聞いて、「大した人だ。優しく力づ く期待できる人だ」という。

家族が「次は三村さんだよ」 というと、「三村は見なくてもいい」といい、佐原支持を 表明したという話が伝えられています。

「政見放送を聴き比べて、いま、5~6 人が集まって、 16 年の三村県政は「自分たちには何の恩恵もなかった」 と話になっている。

「わかこさんに県政を変えてもらいた い」となった(むつ市脇野沢より電話で)

「私は自民党系だが、三村にはあきれてしまった。

わかこさんを応援することにした。

知り合いか ら70~80人は票をよめるので頑張ってほしい」と激励(青森市浜舘の人)