様子

さくら野百貨店弘前店前での、小田切さとる野党統一候補の街頭演説です。応援弁士は、岡田克也衆議院議員です。ご覧ください!

#参議院選 #青森県 #野党統一 #市民連合 #小田切さとる弘前さくら野です。岡田克也衆議院議員も。

Koichiro Mazdaさんの投稿 2019年7月6日土曜日

 

投票へ行こう!

7月4日に参議院選挙が公示されました。

市民連合は有権者の皆さんに、日本の立憲主義、民主主義を守るとともに、社会保障や雇用など私たちの生活を立て直すために、立憲野党に投票するよう呼びかけます。

このまま安倍晋三政権が続けば、今年11月には憲政史上最長の首相在位を記録することになります。

しかし、安倍首相の政権運営は国民に対する説明責任を果たしたまっとうなものとは言えません。

憲法53条に基づく臨時国会召集要求や参議院規則に基づく予算委員会開会要求をことごとく無視したことに現れているように、安倍政権と自民党は自分たちにとって不都合なルールは平然と破っています。

森友加計疑惑や統計偽装など、安倍政権は国民に対して嘘をつき、事実を隠蔽して恥じるところがありません。

このように順法精神を欠いた政権が憲法改正に手をつければ、史上最長政権によって立憲政治は破壊されることになるでしょう。

6年間のアベノミクスは、円安による輸出企業の収益増をもたらしただけで、富は企業に抱え込まれ、社会では格差、貧困の拡大が進行しています。

金融審議会の専門家委員会が出した報告書で、95歳まで生きる人には2千万円の資産が必要と指摘されたことで、国民の社会保障に対する不安は高まっています。

企業優先の安倍政権に代わって、国民生活優先の政権によって社会保障を立て直すことが急務です。

安倍政権は2015年に安保法制を成立させ、日本は集団的自衛権を行使できる国になりました。

また、2017年9月には、北朝鮮によるミサイル発射を奇貨として国難打開を叫んで衆議院を解散し、政権を維持しました。

しかし、緊張を煽り、恐怖や憎悪をテコにして支持を集めるという手法が、真の外交や平和創出に逆行していることは、G20直後の朝鮮半島における平和創出の動きを見れば明らかです。

各種の世論調査では、安倍政権は依然として安定した支持率を保っています。

支持の理由は、他に適当な人材がいないというものが最多です。

そうした諦めが、日本政治の劣化をさらに推し進めています。

この参議院選挙に当たって、市民連合と5野党会派は共通政策をまとめ、社会保障と雇用の立て直し、アジアにおける平和の創出と沖縄の基地負担の軽減、憲法と法の支配の回復など、当面の最重要課題について、別の選択肢を打ち出しました。

そして、32の1人区で候補者の一本化を実現しました。

安倍政権に代わる政権を作ることは可能ですし、安倍政権を退陣に追い込まなければ日本社会の持続可能性が危うくなるのです。

この歴史的選挙において、自分自身の生活と日本の将来を救うために良識の1票を立憲野党に投じるよう有権者の皆さんに訴えます。

2019年7月4日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

参議院選挙にあたって市民連合からのアピール

様子

6日の午後、小田切さとる候補の遊説先は津軽。黒石、平川、大鰐。

大鰐は、小田切さとる候補の父親、故小田切明和氏(津軽9条の会共同代表など)の出身地。

そのこともあってか住民が演説場所「鰐カム」前に50人ほどが集まり、拍手や掛け声も多かった。

小田切候補の演説もヒートアップ。

国会の場で直ちに実践できる有能な人材である。

マスコミの情報に左右されないで、みんなで応援しよう。

平川市のいとく平賀店前では市民連合あおもりの大竹進共同代表も応援演説。

「自民党の絶対得票率は18%程度。

5人に1人が投票しているだけです。

投票率をアップさせよう」と訴えました。

様子

参議院議員選挙告示日の前日3日夜、弘前市、ファルマ会議室にて市民連合@HIROSAKIの発足と参議院青森選挙区小田切さとる統一候補の激励会を開きました。

市民連合@HIROSAKIは津軽9条の会と同地域をカバーする市民連合組織として発足しました。

その最初の活動として小田切さとる候補の応援を支援します。

当日、立憲民主党、日本共産党、社会民主党関係者の参加もあり、約50名が集まりました。

会合では、先の県知事選で奮闘された佐原わかこさんもスピーチされ、佐原さんから小田切候補へのバトンタッチが行われました。

小田切候補は「明日の告示日から憲法9条改悪NO・不安のない年金・消費税率アップ反対・子育て安心の政治実現を訴え、奮闘すること」を力強く話し、参加者の共感を呼びました。

様子

●6日午後2時半~ 青森市浪岡、いとく浪岡店前の街頭演説!

聴衆は20数名。応援弁士は、古村一雄前県会議員、舛田世喜男前衆院議員、大竹進市民連合あおもり共同代表と多彩な顔ぶれがそろいました!

●6日午後3時10分~ 黒石市マックスバリュー前の街頭演説

応援弁士は、大竹進市民連合あおもり共同代表、山内崇立憲民主党県連代表。大竹氏は、「自民党の得票は有権者の中ではず~と17%。投票にいく人がふえれば小田切さんは勝てる」と訴えました。