選挙公報・政策ビラ・動画(共産)

2019年7月11日

日本共産党の政策ビラや動画をご紹介します。

下記の音楽プレーヤーの「➤」再生ボタンを押しますと、選挙公報を読み上げたものが音声でお聞きになれます。
(ダウンロードには時間がかかる場合があります)
(音声が途切れた場合は、ブラウザの「再読み込み」を押してください)

日本共産党 比例代表 選挙公報

日本共産党
希望と安心の日本を
国民の願いを実現する日本共産党の現実的な公約です。「財界中心」「アメリカいいなり」という自民党政治のゆがみをただし、「市民と野党」の共闘をすすめ、新しい政治の扉を開きます。
政府が年金7兆円削減(2040年時点で)2019年月6.5万円から2040年月4.5万円
「減らない年金」を
貧しい年金を安心の年金にすることこそ政治の役割です。
ー年金を減らし続ける仕組み(マクロ経済スライド)をなくし「減らない年金」にします。
⓵年収1000万円以上の人の保険料を見直す
⓶約200兆円の年金積立金を活用する
③賃上げ・正社員化をすすめ保険料収入・加入者を増やす
ー3つの改革で、財源にあてます。
月6.5万円以下の年金生活者すべてに月5千円を上乗せします
消費税10%中止
暮らしに希望を
8時間働けばふつうに暮らせる社会を
●中小企業の賃上げ支援の予算を1000倍にし、最低賃金をいますぐ全国どこでも時給1000円に。1500円をめざす。
●残業代ゼロ制度の廃止。残業上限は月45時間に。
くらしを支える社会保障を
●公費1兆円投入で国保料(税)の大幅引き下げ。
●子ども医療費無料化を国の制度に。
●低所得者の介護保険料を3分の2水準に。
お金の心配なく学び、子育てができる社会を
●大学・専門学校の授業料をまず半額に、段階的に無償化へ。
●70万人に給付制奨学金(月3万円)。
●小中の学校給食費・保育の無償化。
必要な財源約7.5兆円はこうして作る
法人税の大企業への優遇税制を改める 約4.0兆円
富裕層優遇の証券税制などを改める 約3.1兆円
米軍への思いやり予算などをやめる 約0.4兆円
憲法
安倍9条改憲をストップ。安保法制は廃止する。
F35戦闘機の「爆買い」やめ、イージス・アショアの配備撤回。
安保基地
辺野古新基地建設中止。普天間基地の無条件撤去で対米交渉を。日米地位協定の抜本改正。
日米安保条約をなくし、対等・平等の友好条約を結ぶ。
平和 核兵器
核兵器禁止条約にサインする政府をつくる。
紛争を話し合いで解決する「北東アジア平和協力構想」を推進。
全千島返還を正面から求める立場で領土交渉を。
ジェンダー平等
国際水準のハラスメント禁止法を制定。選択的夫婦別姓を実現する。
性暴力やDVを許さず、同性婚を認める民法改正などLGBT/SOGI(性的指向・性自認)に関する差別のない社会を。
原発
原発ゼロの日本へ。再生可能エネルギーへの大転換をはかる。原発事故被災者への完全補償、徹底した除染を国と東電の責任で。
FTA 農業
日米FTA交渉はただちに中止。
TPP協定から離脱し、食料主権・経済主権を尊重した貿易協定を。
防災
被災者生活再建支援金を500万円に増額、半壊も支援の対象に。
カジノ誘致は中止する
比例代表は日本共産党とお書きください
日本共産党 略称/共産党

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

上記ビラのPDFファイルダウンロードはこちら

Posted by wakako-yes